おせち料理

圧力鍋で黒豆の煮方はどうする?甘すぎないレシピは?コツはある?

「まめまめしく働けますように」との願いを込め、昔の台所を預かる人たちは7~8時間かけてことことじっくりと黒豆を炊いたそうです。 忙しい現代社会では黒豆は購入してしまうご家庭も多いと思いますが圧力鍋を使った時短テクでふっくらとした黒豆を炊いてみませんか? 甘さを抑えた優しい味の黒豆の味つけレシピも公開します。

おせち料理レシピで最近の人気は洋風?定番どう?オードブルはおせち?

趣味趣向の多様化でおせちも昔ながらの定番和風だけでなく、中華、洋風、フレンチ、イタリアンなどおせちにもグローバル化が進んでいます。 まさに食事も文化の1つと言えますね。 昔ながらの伝統を伝えていくことはとても大切なことですがたまには変わったおせちはいかがですか?今人気の洋風おせちについて紹介します!

おせち料理の由来と具材の意味は?重箱は何段が良い?いつ食べる?

家族揃っての賑やかなお正月がもう間もなくですね。華やかな正月を彩る重箱に詰まったおせちの数々。数の子、黒豆、紅白なます、栗きんとんなどなど目にも美味しい色とりどりのおせち料理がところ狭しと重箱に詰められています。側にはお雑煮や祝箸が ^^) _旦。 今回はおせち料理の由来と具材の意味や重箱は何段が良い?いつ食べる?などの疑問についてお答えしていきます。