英語をリスニングで学ぶコツは?安い費用でも効果高い教材はコレ!


こんにちは(^^) 自称英語マスターがお届けする英語の勉強法、お役に立っていますでしょうか?
今回は日本人が最も苦手としるリスニングを学ぶコツについて記事をまとめました。学生時代リスニングは勘で解いてませんでしたか?リスニング力をつけてフィーリングで解くのは卒業しましょう。

難関な英語リスニングのコツは無料&格安なこちら!


過去には何万円もする通信教育を受けたこともありますが、英語学習はお金をかけなくても、はっきりと目標を持ち自分でカリキュラムを作成できれば高い成果を得ることができると後になって分かりました。

今は無料でネイティブの英語に触れることができる時代となりました。私はNHKのニュースを聞く時には英語に切り替えて聞いています。ニュースは生きた英語を学べる教材です。しかし初心者や中級者は流れる英語をそのまま聞いているだけでは意味がありません。

日本人が英語を聞き取れない一番の原因は英語には日本語にない発音がたくさんあるからです。知らない発音だから正しく聞き取れるはずがありません。日本語の母音はあいうえおの5つであるのに対し英語の母音は16個もあります。聞こえた英語が文字に起こされていることがポイントです。

そこでお薦めするのは月刊誌のCNNです。CD付きで値段も格安です。CNNのニュースを短く区切っているため初心者にもおすすめの教材です。英語を耳で聞いて文字で確認することから始めていきましょう。

英語でリスニングを上達させる勉強法♪


リスニング上達のコツはシャドーイングという勉強法にあります。通訳者のトレーニングでも行われている勉強法です。

シャドーイングは英語脳を鍛えます。外人と話す時に初心者や中級者は英語を耳で聞き取り頭の中で一度日本語に訳し、それから日本語で答えを考え、それを英語にして外人に伝えます。

一方で上級者は英語を聞き取った後、日本語に訳さずに英語のまま理解することができます。耳で聞き取った英語を英語で理解できる。これこそが最終的な目標となります。これを可能にするのがシャドーイングです。

使うテキストは先ほど紹介したCNNです。あるいは中学や高校の時に使っていた教科書でも構いません。但し音源がついているものに限ります。

勉強法はいたってシンプルです。テキストを見ずにネイティブの発話の後に続いて英語をまねして話すだけ(適度な長さでCDを止めながら行ないます)。

シャドーイングをしている時は耳と口に意識が集中しているためリスニングやスピーキングの力がみるみる身につきます。また独特の英会話の抑揚とリズを身につけることもできます。

英語のリスニングは海外映画アニメが役立つ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インサイド・ヘッド MovieNEX [ エイミー・ポーラー ]
価格:3688円(税込、送料無料) (2018/3/18時点)

シャドーイングの学習を一日30分間行います。これとは別に趣味をリスニング力上級に役立てることもできます。

海外の映画やアニメが好きな人はただ見るのではなく、シャドーイングを取り入れるだけでメキメキとリスニング力がアップします。見るときは字幕つきでネイティブが発音しているものにしましょう。

私は昔、見たい放題にしたかったためケーブルテレビを契約していました。確か当時1ヶ月4000円するかしないかだったと思います。休みの日は1日中見てました(笑)

見るだけでなくシャドーイングを取り入れることがリスニング上達のポイントです。あまり長いと疲れてしまうため海外アニメがおすすめです。

さ い ご に

いかがでしたか?
今回はリスニング力上達のコツについてお届けしました。リスニングが苦手と悩んでいる方は、ぜひ参考にされてくださいね。さいごまでお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です