加圧シャツの筋トレ効果は確かに有る!でもメリット&デメリットも?

今話題の加圧シャツ!
お笑い芸人が愛用していて、元スポーツ選手がプロデュースして話題になっていますね。

今や女性用の加圧シャツも販売されています。

着るだけでムキムキ痩せると評判です。

これはかなり興味深々なのですが、加圧シャツの正体って?なんなのでしょうか。

加圧シャツとはどんなモノ?

簡単に行ってしまえば、「着るだけで体に圧が加わるシャツ」です。

もうちょっと詳しく言えば、「基礎代謝も上がって、筋トレが効率的にできる」と言うシャツです。

素材は「スパンディック繊維」で高性能な伸縮性があるものです。

初心者でもスパンデックスが5%と低いので、すぐに慣れる加圧力です。

※男性人気NO.1加圧シャツ

※女性人気NO.1加圧シャツ

加圧シャツのメリット&効果

では、加圧シャツを着ることによってどんなメリットがあるのでしょうか?
箇条書きでまとめてみました。

【メリット】
▪姿勢を矯正する
▪猫背に効く
▪食欲が抑えられる
▪インナーとして着られる
▪着ていると温かい
▪着やせする効果
▪24時間着ていられる

【効 果】
▪加圧シャツを着ることによって、上半身に程よい負荷がかかります。
▪上半身に負荷がかかることによって、インナーマッスルを鍛えることにも繋がるのです。
▪加圧がかかることで、背筋が伸びて姿勢がきれいに保たれます。
▪着ているだけで温かいのは体温が上がるということなので、消費カロリーもアップします。
▪腹圧がかかることで、食べ過ぎを防止できて、腹八分目をキープできます。

まさに、無敵の加圧シャツという印象をうけますね。

加圧シャツのデメリットとは

物事には、いいことばかりではなくて、反対のこともありますよね。では、加圧シャツのデメリットを調べてみました。

▪素材であるスパンデックスは使い続けていくほど、劣化していく
▪汗をかきやすくなる
▪脱ぐのが大変
▪単価がお高い
▪動きにくくなる
▪サイズがM~Lしかない
▪洗濯で毛玉が付きやすい
▪即効性はない

なるほど、どれも「あるある」ですね。

では、デメリットの回避法を少しご紹介していきます。

失 敗 の な い 脱 ぎ 方

【 鉄則=下から脱ぐ 】
加圧シャツの首元を広げて両肩を出します。首から無理矢理脱ごうとすると、脇が破れる原因となってしまうので、シャツの脇に負担をかけないことです。

このままシャツを下に下げていくと腕が抜けるので、あとは下げていって足まで下げて脱ぎます。

劣 化 防 止 方 法

どうしても、劣化は起きる物です。なるべく長く着ていくために洗濯などの注意点があります。

▪着るとき
加圧シャツはサイズが小さいので、着るときに無理をすると素材に傷などがつくと破れやすくなります。同じ所に力を入れて引っ張ったりすることはやめましょう。

▪洗濯
洗濯をするとスパンデックスは縮みます。そのために、加圧効果が戻るようです。洗うときは他のものと一緒に洗わないか、洗濯ネットに入れて洗うことです。干すときは陰干しです。

2~3枚買って、ローテーションで着ることによって、劣化も均等になり長く着ることができますよね。

24時間着用は大丈夫?

出来るだけ加圧シャツの効果を求めるなら、インナーとしても着られるメリットをいかして、24時間着ることができます。

基本的に加圧シャツは、24時間着ることができるシャツです。つまり、寝る時も着れるように作られています。だから、加圧シャツを着たまま寝ても大丈夫なのです。

それに、24時間着ているほうが効果が高くなり、効果は約2倍くらいになります。加圧シャツを手にしたのなら、24時間(お風呂以外)着ていないと損ですよね。

でも、無理は禁物ですよ。
体調が悪くなった場合は、即中止してくださいね。

ま と め

今回は、今話題の加圧シャツについてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

なかなか、興味をそそられる話題ですよね。単価が高いことが、ちょっと引っ掛かりますが、私も試してみたくなりました。

特に冬に着たいですね、体温が高くなるので冷え性解決するかもです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です