家庭菜園を無理なく楽しく始めるならば?コレ大事です

%e9%87%8e%e8%8f%9c%e5%86%99%e7%9c%9f
家庭菜園が近年特に大ブームになってきてますね。

この家庭菜園も最初はマメに取り組んでも途中で中だるみ等、3日坊主的になる事ってあるじゃないですか!?何故にこのような事になってしまうのか(困)

まずは土いじりが苦にならない人って優先事項が先決ですが。

次に初心者がいいなり露地菜園とかってほぼ間違いなく挫折します。
まず手始めに家庭菜園をするならやはり、プランター菜園をお薦めします。

重作業にならなく最初に取り組むべき簡単菜園のプランター菜園に関しで勉強してみましょう。

スポンサードリンク

プランターを使った家庭菜園のコツ

プランター菜園の最初のコツですがとにかくベランダで始める事をお薦めします。
何故かというとやはりすぐに目視出来るので野菜の状態を常にチェック出来るからです。

ベランダを使ったプランタ栽培で大事な事ですが

➀温度管理に気を付ける事です
 家庭のベランダって実はとても温度が上昇しやすいので高温に気を付ける事です。
 コンクリートやモルタルからの反射熱ってバカにできません。
 プランターの下にはスノコやレンガ又はコンクリートブロックを置いて高床にして下から の熱が野菜に影響のないようにする事が先決です。

➁湿度管理にも気を付けましょう
 ベランダって風通しが良すぎて乾燥しやすいです。なので野菜にとっては乾燥は大敵なの で常に水やりには気を使ってください。万が一って事も有るので水やりだけは重要です。

➂日照に出来るだけ当てる事も大事です
 プランタ-は日当たりの良い場所にマメに移動させる事が必要です。
 日陰と日向では野菜の成長に大きな差が出るだけじゃなく病害虫からも守ってくれます。

➃高層階は風に注意です
 風遠しが良すぎて野菜の生育に影響が出るので必要に応じて風除けのネット等で風を遮断 する事も必要になります。特に野菜が生育するにつれ枝蔓が伸びて果実の成長にも大きく 影響しますので風除けもとても大事です。

用意するプランターですが大きすぎると重くで難義になるのでお薦めのサイズは20L程度の物が良いです。しかし深さは出来るだけ深いプランターが良いです。野菜に使う肥料は花からみると断然に多いです。
従って深いプランターに土を多めに入れ肥料も多め。土が深い分野菜も安定するし害虫の侵入も防げます。
材質はやはりプラスチックが軽く扱いやすいです。ホームセンターや園芸店で購入する際はプランターの下に予めネットが付属された物を選びましょう。更に通気性と排水性が良い物を選ぶ事も大切です。

~おススメはこんなプランターですね~

  

プランターで作れる野菜ですが

初年度でも下記の野菜はさほど苦労せずに作れます。これは自分自身も過去そうだったので自信をもって言えます。

さてプランター菜園に適した野菜ですが

 果実もの➯ミニトマト・茄子・ピーマン・しし唐・トウガラシ
 ツルもの➯キュウリ・苦瓜
 葉もの ➯リーフレタス・小松菜・シソ・バジルなど
 根菜もの➯馬鈴薯・人参・カブ・ワケギなど

根菜類も書きましたがこれはプランター菜園でもより深いプランターが必要になるので初心者は出来るだけ果実やツルや葉ものにしましょう。

プランター菜園で年間通して気を付ける事ですが

まず高階層の住宅では左右及び階下の居住者には十分配慮をする事が大事です。
水やりもそうですが何よりも薬剤散布という仕事が待ち受けてるので薬剤を隣や階下に影響を与えないように注意して散布する事。
この薬剤散布と水やりは生活トラブルに成り易いので最重要課題としてベランダ菜園を行ってください。

さいごに

野菜をご自分で栽培し生育させて収穫し食べるという作業は最初は大変に感じるかもしれません。しかし一度何事も経験されたら判る通り、家庭菜園もやってみたら意外と簡単だったって事に気が付くと思います。

新鮮な自家製野菜をご自分で堪能する。これはとても素晴らしい事です。
一度プランター菜園に慣れたらば次はコレその次はコレと、ドンドン楽しくなる事でしょう(^-^)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です