『スター・ウォーズⅦ/フォースの覚醒』 4DX上映版でラスト観覧(泣)

2015年12月18日公開上映開始された『スター・ウォーズEPⅦ/フォースの覚醒』を自分としては最後と決めてる3回目の観覧に行きました。

20151231_134119000_iOS

3回共にユナイテッドシネマ札幌にて観覧。

・1回目 12月18日(金)上映初日にIMAX3D字幕

・2回目 12月28日(月)上映10日目に2D字幕(メンズディ)

・3回目 1月4日(月)上映18日目に4DX字幕(メンズディ)

20160104_093846399_iOS

【スター・ウォーズ】マニアを自称する自分ですが(爆)どうもいてもたってもいられずに僅か18日間の間に3回も観覧したとは過去に於いてもこのハイペース。自分でも前代未聞です(爆)

今回は僅か短期間で3回も通い詰めての観覧という荒技も自分をほぼ制御不可能な状態に陥るまでに魅了されたといいましょうか(爆)結局3回の上映で合計5900円も映画代に費やした自分に呆れるやら自画自賛するやらと少し感情的になってしまったこの間の経緯に関しレポしてみたいと思います。

スター・ウォーズは高校生の時分に魅了されてしまった唯一の映画でした

自分が高校生の頃ですから、今から38年前にスター・ウォーズ初代作品が上映されたのですがその時から実に今日に至る迄ず~っと惹きつけられてきた映画でした。 大好きな映画ですが、どうも今回の新作である『フォースの覚醒』に関してはまず監督がジョージ・ルーカスから、JJ・エイブラムスに交代した事も有り、当初はさほど興味は湧かなかったのは事実でした。

監督が代わって今までの作品の中で描かれていた「武士道」がちゃんと再現されていくのか?が危惧していた部分ではありましたが。

今回の上映初日の観覧は、3DIMAX字幕版にしたのですがここまでハマって連続で観覧に行かされるとは思いもよらなかったことと自分にまぁある意味驚いております。 決してネタバレする事なくこの記事を書く事をまず念頭に置いてですが。 3回も観覧したのはある意味で正解でもあります。

どうも歳のせいか?以前よりもストーリーもキャストもすんなりと頭に入っていかなくなってまして(爆)そこで1回目の上映後に「これはダメだ、ストーリーが全然頭に入っていかなかった(困)」ということに気付き。早々と2回目の上映に足を運んだ次第でしたが。

で、結局1回目、2回目、今回の最後の3回目を観覧して思った事は・・・。

まず1回目では理解出来なかった部分が2回目ですんなりと頭にスッと入っていった事。これがまず嬉しかったのですね。 更に1回目は、IMAX3D上映を見て。2回目に普通の2D上映を見て。更に更に3回目では現在の映画上映の最高峰と言われる4DX版上映をしかと見てですね。 3回目は全ストーリーをほぼ記憶した中での観覧でしたのでかなり余裕を持ちながら観覧し所々に散りばめられたセリフに新たな発見を見出しながらの観覧だったのでこの3回の観覧はお金は掛かりましたが自分的には最高の時間だったと実感し満足している今日この頃です(笑)

ユナイテッドシネマの4DXシート↓

20160104_062135462_iOS

4DXを体感して良かったと思える点は初4DXを、スター・ウォーズで迎える事が出来てとにかく記念にもなるし良かった事。

4DXの効果は全部が良かったという感じではないのですが(笑)

良かった点は、空中戦の際の臨場感がやはり一番ですね。それと所々で雰囲気や効果を盛り上げる為に使われるフラッシュライトですかね。

普通に感じたのは両耳元に後方から吹き付ける、”エアー”ですかね。コレは微妙です。最初は後ろの席の人が自分に悪戯したのかと嫌な気分になったり(爆)

又、時々出現する匂いですが、柑橘系??みたいな匂いは何を表現しているのか理解に苦しむ部分です。それと雪らしきモノが降るのですがどうも最前列付近のみなので効果は薄く感じました。又、前列シートの後方から自分に霧状の水も噴き出すのですがこれも微妙ですね(笑)

20160104_062349526_iOS

でも、シートが上下左右に動くので自ら、ミレニアムファルコンやXウィングを操縦しているような気持になれたのでコレはとてもGoodです。

五臓六腑に沁み渡るという感じで全身で、『スター・ウォーズ』を体感出来た事はまさに自分のとって普段は有り得ない程のご褒美と受け止めるしかないと思うようになりました。 ちょっとだけ?いやいや、かなり贅沢させて貰ったといいましょうか。

映画のストーリーに関してはやはりまだこの時期では”ネタバレ”に繋がるので全て省略します。

唯一だけ言わせて頂きたいですが、レイ演じる、デイジー・リドリー は素晴らしかったと思います。

 レイ

とにかく、レイの力強さがビシビシと伝わってきて自分としては不思議なんですが今回の3回目では涙が込み上げてきたほど。すっかり彼女の瞳の強さと演技に間違いなく魅了されてしまいましたね。

2017年公開予定の、スター・ウォーズ/エピソードⅧ が今から待ち遠しいです。 たぶん今回と全員同じキャストでの上映となるでしょうからね。又数々の話題を全世界に提供させていただきながら自分自身も2年後に向けて更に盛り上がっていきたいと感じております。

さいごに一言

2017年公開のスター・ウォーズEPⅧに先立ち、2016年には、スター・ウォーズ初のスピンオフ作品『ローグワン』も上映されるということで、この作品もですね同じスター・ウォーズから派生する作品として大ヒットするのは間違いないとみております。 2017年エピソードⅧの本作公開。2019年エピソードⅨの本作公開とこれから先、何年も楽しませて頂けるなんて嬉しいですね。 あ~。やっぱり映画って最高ですね~♬♬。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です