披露宴の招待制と会費制相場は?列席者の交通宿泊費負担は?どこまで?

結婚式

結婚披露宴は呼ぶ側も呼ばれる側も嬉しく喜び一杯でとても楽しい時間を過ごす事が出来て
幸せを実感し又自分達夫婦も結婚当初の気持ちに戻れたりと新たな感激に浸ったりと
歓びの部分って多いと感じます。

しかしその反面でお金にまつわる最たる行事でもあるので色々と慎重になる事も多いと思います。

お金が絡むという事はトラブルになり得る事も多かろうと思いますので、披露宴のご祝儀を含めた
お金に関する部分をテーマにしてごく一般的な情報としてまとめてみました。

参考にしていただけたらと思います。

スポンサードリンク

披露宴でのご祝儀の相場は実際に幾らですか?

人生のメモリアル記念日となる結婚式はやはり盛大で賑やかに笑顔で迎えたいですね。

でもその結婚披露宴もよく熟慮して挑まないと思わぬトラブルや嫌な思いも抱えたり
しなければなりません。

ここで実際にご祝儀として世間で認識されている金額ですが、ズバリ相場としては3万円です。

招待性の結婚式のご祝儀として渡す金額は身内以外は3万円が相場だという事です。

この3万円の内訳ですが
披露宴の料理が2万円。引き出物が1万円と計算から算出される数字で3万円が概算ですが妥当なところだというとこです。
料理1万円 飲み物3千円 ケーキ千円その他金額。引き出物1万円と合計で約2万5千円。
これじゃあキリがよくないという事で3万円という計算になります。

夫婦&家族での招待制のケースでは、夫婦ならば5万円(引き出物は1個計算)家族で子供も参加ならば子供人数x飲食代も考慮したご祝儀にする。

おもてなしを受ける分をご祝儀に込めてお返しするというのが招かれた側への祝意になるので必ず金額は守るべき。
後々恥ずかしい思いをしたくないならばこれが実際の相場なので参考にすべきなのと、お互いの身になって考えてみる事でどちらの立場も判っていいのではと思います。

もしも披露宴が合理的な?会費制での披露宴では会費だけで済むのでやはり安上がりになります。
又会費は当日会場受付で封筒等に入れずに裸で持参し受付に提出する。これは受付で金額を確認しやすくする為です。
もしその時にご祝儀を用意しているのならば祝儀袋で別に渡すのがルールです。
ご祝儀金額は最低でも1万円がスタートになるますが、あとは新郎新婦との関係次第で増やすことになります。

もし会費制の披露宴で、友人同士でご祝儀をまとめたいという場合はご祝儀袋に連名で記載する。
上記はくれぐれも混同勘違いしないように。これは会費制の場合であって又、相手が結婚式をしない場合です。

招待制での披露宴での連名でのご祝儀袋はマナー違反になるのでお止めください。

披露宴のご祝儀と列席者の交通宿泊費の負担に関し?

まず初めに遠方からの披露宴参列者の交通費と宿泊代は招待制でも会費制でも新郎新婦側が全額負担するのが結婚式のマナーの基本です。

但し、遠方からの列席者が大勢では新郎新婦側の負担が超増大するのでこれらは最近では薄れつつあるようです。

招かれる立場の側としても交通費と宿泊費とご祝儀と3つもの出費はとても高額になるので全額とまでは言えないがせめても半返しはしてもらいたいというのが本音のとこだと認識してください。

つまりですが最近の傾向からいきますと、遠方からの列席者の交通費&宿泊費の半額負担程度が一番丸く収まるというのがごく一般的な傾向だという事です。

又、列席者には前もって電話で交通費と宿泊費はどうするかをはっきり伝えたほうがトラブルにならなくて済みます。

総額の半額を列席者に負担してもらうならば早めに電話等で半額だけ負担しますと伝える。
全額負担でもやはり電話で「交通費&宿泊費は全てこちらで負担させて頂きますので宜しかったらご出席ください」等と伝えるべきです。
半額負担ならば「遠方での挙式になります。交通費&宿泊費は一部しか負担できず誠に申し訳ないですがご出席いただけますでしょうか?ご検討お願いします」と
正直に伝えるべき。こちらも後々トラブルにならないように早めに動いて処理するべきです。

全額負担では事前に飛行機チケットと宿泊券を新郎新婦側で手配し郵送する等がスマートで宜しいかと思います。
半額負担ならばお金を渡すのもいいでしょう。宿泊券だけ用意して渡す又は交通費だけ渡すというのもいいでしょう。これも予め郵送してしまうのがいいでしょう。

航空券は相手の搭乗可能な時間帯を聞いて早割を先に取る方法が安上がりでおススメです。
ホテルでの披露宴ならばそのホテルで参加者のホテル代を割引して対応してくれることも多いのでホテルとの相談も必要ですね。

エア&宿泊パックを利用する事で更に交通宿泊費を節約することも出来るのでこれもおススメですね。
やはり列席者に搭乗可能な時間をあらかじめ聞いて無理のない時間帯にチケットを取る。

これらをケチる事は止めましょう。後々に少なからずバッシングになったり後悔する事も結構起こりがちなのであくまでもおもてなしの気持ちをもってください。

さいごになりますが

結婚式というものは正直に云って相当の出費となる事はやはり避ける事は出来ません。

しかも新郎新婦共に出身地から遠く離れての結婚となるとこれらの事例はもう殆どと言っていいほど発生する事象ととらえるべきです。

最近では結婚後の生活を最優先させる為。更に遠方からの出席者等の負担等を考えて国内での披露宴を行わないという事例増えているようです。

ハワイ等で、本当にごく僅かな近親者(親兄弟のみ)と一部の友人だけといった海外挙式で済ますといった合理的な結婚式が多くなっています。

又、これらの結婚式の際にご祝儀を頂いたならば海外結婚式等の写真を台紙に入れ内祝いと一緒にお返しをするのがスマートでいいと思います。

これだと相手にとってもご祝儀だけで済むので遠方の方からも歓迎される事も多くスマートで尚且つトラブルにもならないと思います。

結婚式だけは自分達だけ中心という訳にもいかずですし、ましてや結婚式後の生活の方を最も重視する事が大事です。

ましてやトラブルを抱えての新生活をスタートさせるのもブルーになると思いますので後悔のない結婚披露宴を計画なさってみてくださいね。

是非お幸せに喜びに満ち溢れた結婚式を迎えられますようお祈りいたします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です