手作りシャボン玉液は子供でも安全な浴用固形石鹸で!砂糖も混ぜよう!


子どもたちが大好きなシャボン玉。

買ってきたシャボン玉液が無くなってしまって、子供に「もっと!!やりたい!!!」とせがまれたことはありませんか?

私は「もうないからダメ!」と切り抜けたり、いきなり「シャボン玉で遊びたい♪」と言われて食器洗い洗剤で作ってあげたりしていましたが、イマイチ納得がいくシャボン玉になりません。すぐに割れてしまったり・・・

それに子供ですから万が一吹く時に、吸ってしまって誤飲したら・・・。と考えると怖くないですか?

そこで今回は、子どもにも安全なシャボン玉液と長持ちするシャボン玉液の作り方をご紹介をしてみたいと思います。これを見て、子どもに作ってあげたら、「うわ~!パパ・ママ!!すご~~い♡」と言われること間違いなしかも?しれませんよ(笑)

スポンサードリンク

シャボン玉液の危険性って?

一般的に売られているシャボン玉液や食器洗剤には、「合成界面活性剤」が含まれています。

《合成界面活性剤とは》
水と油など、本当なら混ざるはずがない物の「界面」に働きかけて、2つが混ざることができるように人工的に合成された物質のことです。

「界面」=お互いに違う性質を持つ物質が、くっついている境界面。つまり、自然界にはないものを人工的に作り出してシャボン玉液に入れてしまうという事です。

合成界面活性剤が人体に及ぼす影響は、「活性酸素を発生させる」ということです。

活性酸素を誤飲した場合、界面活性剤の量が多いとおなかを壊すこともありますが、機嫌よく遊んでいるなら、無理のない(お腹を壊さない)程度にコップ1杯の水や牛乳を飲ませて少しでも薄めてあげましょう。

安全なシャボン玉液を作る方法

シャボン玉液を作るなら合成界面活性剤が入ってない浴用固形石鹸を使いましょう。簡単にいえば、「花王ホワイト」「牛乳石鹸」「無添加石鹸」などですね。固形なので、削る手間がありますが、安全性を考えると手間を惜しんでしまうわけにはいきませね。

シャボン玉液の材料

▪40度くらいのぬるま湯:100ml
▪浴用固形石鹸の削ったもの。削る時は使っていない「おろし器」が便利です。

「花王ホワイト」なら1.5g。「無添加石鹸」なら5g。と、使う固形石鹸でg数が違います。

作る手順

▪100mlのぬるま湯を準備
▪削った浴用固形石鹸を、少しずつ溶かしていく
▪溶かしながら、ちょど良い濃度になるように確認する
以上です(笑)

ポイント

少しずつ削りながら溶かしながら、シャボン玉を拭いて濃度を確かめながら作っていくのも、子どもたち受けしますよ。

▪削った浴用固形石鹸をしっかりと溶かしきる
▪濃度が決まったら、10~15分そのままにして、冷ましておく

ここまで来たら、自宅にあるストローで十分に膨らませることができます。

手作りシャボン玉液の欠点

▪作ったシャボン玉が長持ちしない、壊れやすい
▪浴用固形石鹸のシャボン玉液は、時間がたつとトロ~リと粘りが出てしまって、シャボン玉ができなくなってしまいます。

残念ですが、シャボン玉液は作り置きができません。でも、安全で子供も一緒にシャボン玉液を作ることができるので、あきらめましょう(笑)

秘密はシャボン玉液と砂糖

せっかく、安全性に考慮して作ったシャボン玉液で作ったシャボン玉は、長持ちしません。すぐに「パチン」と壊れてしまいます。

でも、壊れにくくする方法があります。それは、砂糖を混ぜる事です。

砂糖を混ぜることによって、シャボン玉液の蒸発作用を防ぐことが出来て粘着力が生まれます。その為にシャボン玉は割れにくくなるのです。混ぜる分量としては、ぬるま湯100mlに対して、小さじ1を目安にしてください。

スポンサードリンク

他にも、ガムシロップ・ラム酒・などを少量混ぜることで対応できますよ。体内に入っても、安全なものですね。あ!・・・子供にラム酒はいけませんね(笑)

シャボン玉=杉山兄弟!覚えてます!?

シャボン玉といえば、” 杉山兄弟 ” かなり昔ですが有名でしたね。実は昨年11月にTBS情報バラエティ「マツ子の知らない世界」にも出演されてましたね。

《📚杉山兄弟の著書》

彼らが初めてメディアに登場したのが昭和40年でした(私が3歳の頃か)。
「アイデア買います」というテレビ東京の番組に初出演してから徐々に有名になったご兄弟さん。当時のエピソードが有名でした。シャボン玉研究に没頭したあまりに住居の中庭はシャボン玉液が沁み込み過ぎて雨の日には地面からシャボン玉が沸き上がったくらいだったとの逸話です。

🎥おふたりの動画が有りますコチラです。
   ⇓⇓⇓

最近でも、” SEKAI NO OWARI ” のライブ演出や東京ディズニーランドのイベントプロデュースにも活躍されてるそうです。

現在、お兄さんの杉山弘之さん(69歳)。弟さんの輝行さん(67歳)。シャボン玉で起業し成功されたご兄弟です。

不思議だと思いませんか?!『 たかがシャボン玉、されどシャボン玉』ですよね。自分達の好きな事で、得意な分野で、人生の成功を手に入れた夢のあるご兄弟さんです。私も見習いたいと思いますよ。夢をもって頑張っていきますヨ(笑)

ま と め

いかがでしたか?
子供とワイワイ言いながら、理科の実験のように作れる浴用固形石鹸を使った安全なシャボン玉液でしたが。

これって、夏休みや冬休みの自由研究にも使えるかも・・・(* ̄m ̄)ぷっ(笑)

砂糖の分量やどのくらいの時間で、シャボン玉ができなくなる等。遊びながらできるので、子どもも飽きずに自由研究できますね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です