スマホは即!SIMフリーに切り替えましょう!マジ安い!

2016年になって急激にメジャー化してきたのが『格安スマホ』『格安SIM』と呼ばれるスマホ本体の激安品や通信料がハンパなく安い通信環境の格安化の流れではないでしょうか?!

さて、かれこれ私自身が2016年11月1日に機種変を敢行しキャリア(auのiPhone6)より、AISUSのSIMフリースマホ『ZenFone3』にチェ~ンジしたのでその機種変に至る簡単な経緯を紹介しておきますね。

左ZenFone3:右iPhone6

左ZenFone3:右iPhone6

「貴方のスマホ代は高くない?それヤバくない?」

スポンサードリンク

iPhone6(au)よりSIMフリーに変えた理由

自分の環境でいいますと我が自宅は、au光のインターネット環境が整っているので家庭内は常に高速Wifiの爆速ネット通信が出来ます。従ってまず家庭内ではLTEモバイル回線は不要でした。

更に自分の住む街、札幌市内も公共の無料Wifiエリアが徐々に拡がり続けているので市街中心部でも郊外でも大型商業施設でも無料で高速インターネットに繫がるのでここもLTEモバイル通信は不要でした。

更に更なる理由が無料電話アプリの普及によりスマホ間だけではありますが全部無料で電話が出来るような環境になってきたので、バカ高い携帯番号での通話電話代を払う必要性がほぼ皆無になってきたのです。従って携帯番号での電話は既にほぼ不要でした(たまに話す事はゼロでは有りませんが)

上記の理由がキャリア端末より、SIMフリー端末に切り替えようとした最大の理由です。それまで我が家族4人が揃ってキャリアスマホを持っていたので毎月の携帯代が最低でも3万円だったので思い切って格安スマホ&格安SIMカードに変えてみようと思い始めたのがきっかけですね。

家族4人合わせて3万円前後のスマホ月額払いを3分の1の、ほぼ1万円に抑えることが出来るのはもうSIMフリー化しかない!!というのが本当のとこなのです。

ASUSの『ZenFone3』に変えた理由

img_4887

iPhone6よりASUSの『ZenFone3』に切り替えた理由はASUSの最新スマホである、ZenFone3が十分なスペックでありながらもiPhoneよりも半値に近い位安いという理由が第1位です。

第2位は自分がASUSマニアである事も強力推しに繋がった理由です。

第3位の理由はやはりiPhone7系が欲しかったのは間違いないのですがなんせ端末代が高いのです。72,800円もしますかなりバカ高いです。対してZenFone3は39,800円です。この33,000円差はやはりデカいです。SIMフリーがもう一台買えちゃう程の価格差ですからね。これがiPhone7を諦めた理由でもあります。

しかしこの、ZenFone3ですがかなり良いです!つぅか~マジ本当に性能が良いです。カメラ精度が高い。指紋認証システムの反応が速い。質感が良い。安くて性能が良く携帯デバイスとしてあらゆる面で満足いくスペックを兼ね備えております。自分自身もほぼ5年振りのアンドロイド端末所持なのですが、Android系の進化具合を確かめられた事は今後に繫がる良い結果になりそうです。

家族皆でスマホ所有のコスト高を是正する!

スマホは本当に高い月額代金がネックになりますね。我が家族は4人ですがまずは世帯主の自分が月額払いが安い格安スマホ&SIMカードに変えてみての実際の月額支払いの変化なんですが。iPhone時代の月額約7500円➡2100円に減額になりました。これはまさに事実です。同じようにネット接続できながらこんなにも安いのです。その差は5400円です。これかなり強力なコストダウンですよね。

携帯代ビンボーなる話もよく聞く昨今ですがこれからは思い切る事でコストはどんどん削る事が可能になったのです。スマホの通信費が安くなったのはSIMフリーという形態がごく一般的にようやくなりつつあるという事と、かねてからの日本政府の携帯料金引き下げを安倍総理自らが指示した事との2点が見事に符合した事でもあります。

最新の、価格.COMさんの携帯人気ランキングでも上位10位中の7機種までものデバイスがSIMフリーに埋め尽くされているという事実です。

いかにもキャリアが強かった日本的なガラパゴス携帯市場はまもなく崩れさるような気がしてならないのは私だけではないと思います。貴方もやはりそう思いますか?これからは世界標準なSIMフリーが当たり前の世の中になる?!それともキャリアがやはり根強い状態が続く?!いずれにしてもそれを決めるのは日本市場の消費者次第ではありますが(笑)

さいごに

機種変更は2年縛り無条件解除月が原則ではありますね。まぁこの2年縛りもキャリアの横並び護送船団方式がどうにも害悪としか言えませんが。

価格破壊はなにも今始まったものではありませんね。分野を変えればもう相当年数前からこんな現象が起きているのです。価格破壊という現象はやはり消費者がどこを主軸に置き何を求めていくかで今後も決まるモノと思います。

どちらにしても吉野家的に【安い、早い、美味い】の3拍子が揃ったら市場の流れが変わるのは過去の歴史が物語っているのです。

さて貴方は今後?キャリア?それとも格安スマホ&格安SIM?

『貴方のスマホ代は高くない?それヤバくない?』

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です