スマホの料金高い?俄然注目の格安SIMフリースマホは今まさに買いか?

私事でなんですが、私は15年以上連れ添ったキャリアを捨て、格安SIMに乗り換えました。自宅ではWifi環境があり、データ通信は個別にかからない。通話は?まったくと言っていいほどしない。メールやLINEで足りている。使っていない通話代がもったいない。

それにほとんどの格安SIMフリースマホはドコモ回線を借りているから、わざわざスマホを買い替える必要がないと知ったのです。SIMロックとやらの制限もないし、なぜ?高い料金を払わないといけないのか?と、思ったのです。だって、15年以上も契約しているのに、わずかな、ほんの些細な優遇しかないといっていいのですよ。新規契約者にはテンコ盛りなのに、不公平です。

おかげさまで今は通話分払っていないので、1000円台でスマホを維持しています。

3大キャリアと格安SIMを比べてみると!?

3大キャリア共通して言えることは
・国内通話24時間定額かけ放題
・点在しているショップでの手厚いサービス
・機種代金が高い
・2年縛りの囲いと解約金
・新規加入者,学生,シニアに対しての優遇は割とある
・長期契約者に対しての優遇に魅力がない
でしょうか?

格安SIMについて言えることは
・月料金の安さ
・機種代金が安い・・1万円台からある。
・機種代金の分割がほとんど認められていない。高いもので5~6万するので、一度に出費が多くなる場合がある。
・通話SIMの場合だけ1年以上の縛りと1年以内なら解約金が発生する。
・料金プランがわかりやすい。通話料金とデータ通信量で金額がわかり、自分にあったプランを組み合せられる。
・通話料が高くつく場合がある(定額で5・10分話放題プランも出てきている。)
・点在ショップが少ない。もしくは、ない。
・今まで使っていたキャリアメールが使えなくなり、フリーメールを使わないといけない。
でしょうか?

Wi-fi環境とLTE接続って何?

今、私たちは「スマホ・タブレット・パソコン」のどれかを必ずと言っていいほど使っています。この神器たちは、ネットに繋ぐとき「LTE/3G,4G」と「Wi-fi」の2種類で繋いでいます。「LTE/3G,4G」は携帯電話の通信方法で、スマホの通話やデータ通信にも使われています。

Wi-fiは屋内でパソコンやタブレットなどのIT機器(デジタル家電など)をネットに繋ぐ方法です。という事は、「LTE/3G,4G」は家内外でのネット利用方法で、Wifiは室内のみでのネット利用方法と言ったほうがわかりやすいのではないでしょうか?と言うか、この方が私的には納得できます。

格安スマホの入手先はどうする?

キャリアのスマホをそのまま使える私は、新しく買い替える必要はなかったですが、SIMロックの罠にはまっている人は、新しいスマホを用意しなくてはいけません。

一番いいのはフリーSIMを買う時にスマホもセットで買ってしまうことです。キャリアたちほど機種揃いはないですが、そこそこのものが揃っています。欲しい機種に合わせて、フリーSIM会社を選ぶのも手です。

それと、先にSIMだけを契約してしまって、あとから機種を買おうとしても、セットでしか買えない場合もあるので、気を付けましょう。私の場合これに当てはまるので、もしスマホが使えなくなった場合、スマホ単体で買うことになります。コジマやヤマダ電機等に行けば買えるので困りませんし、Amazonや楽天でも買うことができます。

ま と め

ここまできたらどちらを選ぶかは個人の自由です。業務や私用で、長時間通話があるという人は、キャリアのかけ放題がお得ですし、Wi-fiがあればデータ通信は定額だし、通話もほとんどない人は、格安SIMを使ってフリースマホにしたほうがお得ですしね。

私だったら、お財布にやさしいフリーsimスマホ、今まさに買いでしょう。

さあ!あなたの考えは?どっち?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です