花粉症の症状がつらい!身体のだるさの緩和に鼻うがいは効果高いの?

花粉症は年々患者数が増えているそうです。現代病の1つであると言われています。それだけ花粉症に苦しんでいる人が多いということになりますね。

花粉症にかかると鼻水、鼻づまりにくしゃみ。おまけになんだか身体まで重い。でも鼻うがいをすると花粉症のつらい症状が和らぐって知ってましたか??

花粉症のつらい症状を緩和するために自宅でできることをいろいろご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

鼻の奥まで丸ごと洗い流す鼻うがいは本当に効果があるの?

鼻うがいは鼻の中に入った花粉だけでなく細菌やウイルスまで丸ごと洗い流すため花粉症以外にも風邪やインフルエンザの予防などにも優れております。又、鼻の調子が悪いことで呼吸がスムーズに出来ずにその結果脳に酸素が届きにくくなり身体が重く感じるそうなんです。身体のだるさを緩和するためにも鼻うがいは効果が高いといえます。

鼻うがいは鼻の奥と喉の境界線、耳管咽頭口から中耳とつながっている部分まで洗い流すことができるので、鼻うがいをする時には衛生面などで注意するポイントがあります。

ちょっと怖い話になりますが口から入った水に微生物が含まれてた場合は胃酸で微生物は死ぬのですが、鼻から微生物が入った場合は死なずに神経を経由して脳までたどり着き感染させてしまう危険性があるそうなんです。

鼻うがいに使う水は 1度沸騰させて冷ましたものか、浄水(ミネラルウォーター)、鼻うがい専用の薬剤のいずれかにしましょう。

痛くない鼻うがいと、ちょっぴり痛い鼻うがいのまとめ!

耳鼻科で鼻洗浄したことがある人は経験したことがあるかもしれませんが、鼻を洗浄している時って絶対に塩水使ってるよね? と思いませんでしたか?小学生の頃によく近くの耳鼻科で鼻洗浄をしていたのでしが、しょっぱいなぁと感じていました。

実は食塩水を使うことで鼻洗浄をする時の痛みをなくすことができるそうなんです。ただの浄水などを使って鼻うがいをすると水を鼻に入れた時に痛みを感じます。この痛みを引き起こすのが浸透圧の違いです。

水の浸透圧を0とすると、人間の細胞は0.9で鼻水が1で表せるそうです。人間の細胞と鼻水は浸透圧が近いため痛くないそうなんです。この原理を使って人間の細胞に近い食塩水を鼻うがいとして使うと痛みがないそうです。

浸透圧が高すぎても低すぎてもいけないので、きちんと計量する必要があります。水250mlに対して食塩2gの割合です。湯さましを作ったり計量するのがめんどくさいという人にはこちらがおすすめです。

【ハナノアb 楽天市場】

痛くないとパッケージにも書いてあります。シャワータイプで初心者に使いやすい設計になっています。ちょっと押せばピューッと出ますので後は成り行き任せで大丈夫です。ハナノアaと間違えないようにしてくださいね。

【ハナノアa 楽天市場】

こちらもパッケージに痛くないと書かれていますがちょっとだけ痛いと感じるかも…慣れていない人は恐いかも…ハナノアaは鼻から入れ口から出すのでちょっとbに比べて扱いが難しいんです。

洗顔ならぬ洗眼で花粉は洗い流せるの?

アイボンのCMを見たことはありますか?水泳ゴーグルのようなレンズに薬剤を入れ、目にカパッとはめ薬剤の中で目をしぱしぱしぱーと洗い流す。愛用していたのですが、洗眼とは今までにない良いアイディアだなぁとひどく感心したものです。

花粉も洗い流せるので、目がかゆくて困っている人はぜひ洗眼をお試しください。アイボンにもたくさん種類が出ています。(楽天市場)
【アイボン Wビタミン】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】アイボンWビタミン 500mL
価格:728円(税込、送料別) (2017/12/4時点)

【アイボン うるおいケア】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】アイボンうるおいケア 500ML
価格:748円(税込、送料別) (2017/12/4時点)

【アイボン洗眼薬】

【アイボンメディカル】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】小林製薬 アイボンメディカル 500ml
価格:980円(税込、送料別) (2017/12/4時点)

さ い ご に

いかがでしたか?最近では春先だけでなく1年中花粉症で悩んでいる人もたくさんいるそうです。

自宅でできるケアを取り入れて少しでも花粉症の症状を緩和できたら良いなとの思いで記事を書きました。少しでも参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です