苗穂駅が移転!新駅舎の開業を見届けてきた!感想と写真を!

2018年11月17日(土)JR北海道の苗穂駅新駅舎が開業しました。
尚、開業日当日は用事があり見学出来ませんでしたが2日目に見てきましたよ。

我が家からも近く、これからも会社への出勤等でも時々利用する事になります。新駅舎の使い勝手も含め事前に見学しておくことにしました。

🚋苗穂駅の新駅舎の写真と動画も!

JR苗穂駅新駅舎南口

苗穂駅及び苗穂駅前広場連絡通路入口

苗穂駅南口側の階段

まずは南口から入場します。最初に入口を入って確認出来たのですがやはり自転車用のスロープが付いておりました!開業前はもしかしたら以前のように自転車は通れなくなってしまうのか?と気を揉んでおりましたが、結果はちゃんと自転車も通れるように整備されておりました。これで南口から北口へ(逆に北口から南口へ)自転車は手押しで通行出来ます、大丈夫です!しかしあくまでも連絡通路であって自転車を漕いで通路を渡る事は歩行者接触の事故も起きかねないので止めくださいね。

南口から北口へ向かう通路風景

北口側から南口への通路風景







自動券売機及び自動改札機は各2台です。改札待合室内の売店はJR北海道さん直営のセブンイレブンが唯一出店。残念ですが他の物販店は無いですね。少し寂しいかもね。


改札を通り線路ホームへ降りる前に椅子があり見晴らしもよく駅舎から東側の線路風景を見る事が出来る。

改札を通り線路ホームへ向かう(下る)際に便利なエレベーターがしっかりと有りました。しかし開業前から大揉めしていた件。ホームへ降りるエスカレーターはやはり無いですね。このエレベータ-は15人乗りを採用し一度に多くの乗客を乗せる事が出来るそうです。


苗穂駅の1番線,2番線がコチラ。かなりホームが広いです。勿論旧苗穂駅は昭和初期の駅構造なのでホームは狭く危ないと感じた事も多々。

黄色点字ラインの設置と点字幅もしっかりとっており安心です。


連絡通路からはJR苗穂工場の全景が見渡せます。ここは鉄道マニアにとっては垂涎の場所でもあり冬季でも寒さに震える事は無くなったので撮影にはベストポジションといえますね。

⇒新苗穂駅の建設進捗状況&ファイターズ清宮君&札幌ビール園&アリオも。

さて苗穂駅北口側に向かいます。


北口側駅前広場とアリオ札幌店側を見た風景です



北口側にも、エレベーター&エスカレーター&階段(自転車用スロープ付き)があり安心です。


こちらが苗穂駅北口の入口です


整備された北口側の駐輪場が上記(かなり小さい)

ちなみに南口側の駐輪場は整備された感じは全く有りません。これはあくまでも仮の駐輪場だと思います。来春頃にはちゃんと整備された駐輪場が出来ると信じております。

北口側の仮駐輪場?

🚉苗穂駅連絡通路は南北へ24時間通行可能です

南口及び北口から入る連絡通路は24時間通行可能だそうです。これは駅業務が一時的に休業に入る午前1時過ぎても通れる事だという事です。果たしてその時間帯はエレベーターやエスカレーターは稼働するのか?それと24時間通行可能にすると連絡通路を寝床にしてしまう人も出てくるのではないか?という懸念があります。決して風紀が乱れる事なく利用者が安心して通れるようにしてもらいたいですね。


今は南口北口共に全く開発整備されておりませんが数年後には上記のように商業設備や病院。更には高層マンション数棟も整備されるようです。

北口側は2年以内にすぐ隣のアリオ札幌店と空中通路を整備して直通出来るようにもするそうです。

今現在の苗穂駅の一日利用者数は約4300人程度なのですがこれから益々整備されていくことで買い物客やビジネス。更には観光客の増加も見込めると思います。そうなると間違いなく苗穂駅の一日利用者数も増加する事でしょうね。

JR北海道さんにお願いしたい事が有ります。せっかくの新駅舎開業ですからなるべく早期に朝晩だけでも快速エアポートが数本だけでも停車できるようにしてくださいませ。又、快速エアポートを増便する事でJR北海道さんの現状のドル箱路線である千歳線【札幌⇔新千歳空港】が更に増収出来るのでは?と思いますので。ここは声を大にしてお願いしたい次第であります。

さ い ご に

我ら札幌市民及び中央区民と東区民にとっても苗穂駅新駅舎の開業は嬉しい事です。ですがまずは地域近所の皆さん、更に官民あげて皆で新駅舎の有効利用を考えて地域の経済を活性化できるように頑張っていきましょう。2030年予定の北海道新幹線札幌延伸事業を見据えて楽しい街作りを目指していきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です