サンタクロースが赤いのは?サンタの発祥とは?起源も

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88
サンタクロースがクリスマスイブの晩に良い子にだけプレゼントを枕元に置いてくれるって自分の子供が信じてた頃ってちゃんと有りました。たしか小学校低学年程度までは信じていたようです。純真な子供って可愛いですよね。

さて。今回はこのサンタクロースに関して少し謎の部分を調査したいと思います。

「サンタさん」「サンタ」等と呼ばれる伝説の人。サンタクロースに関しての話題です。はたしてサンタさんは「サンタ苦労す」みたいな苦労人だったのでしょうか?沢山の子供達にプレゼントを届けにくるのはどんな意味が有るのか?サンタさんの服が赤いのはなぜ?

スポンサードリンク

サンタさんの服が赤いのはこんな理由です

遥か昔でいえばサンタクロースさんは青い服も着たりヒゲも無かったようですね。

サンタクロースがその後赤い服を着るようになったのは実はアメリカが起源です。1931年にアメリカのコカ・コーラ社の広告に赤い服を着たサンタクロースを描いた事でサンタクロースが人気者になったという経緯が有ったのです。

それまでのサンタクロースは恰幅が良いおじいちゃんだったわけでもなく身長も数十センチから3メートル程度ととってもアバウトな存在だったそうです。

しかしサンタの起源を辿ってみると赤い服にはやはり意味が有るようです。

サンタクロースのモデルとなった人物で「聖ニコラス」という司教さんが生きた時代に教会で教会儀式を行う際に着ていた服が赤かったのが起源だという事。赤は自分の命を捨ててでも他人を救う事を意味した色です。自分自身が血を流してでも他人を助けたいという高尚な考えをもった人だったという事です。

サンタクロースの起源とは

そのサンタさん。聖ニコラスさんは紀元前4世紀頃に当時のトルコで司教をしていたそうです。困っている貧しい民衆を助け更に自分の持ち物を苦もなく分け与えていたそうです。

ある夜の事、近所に住む貧しい一家の娘さんが人身売買で他人に売り飛ばされそうになったのを救ったのがそもそもの始まりです。娘さんが売られてしまわないようにその家の煙突からお金を投げ入れたそうです。
煙突に投げ入れたお金は丁度その家のまさにこれから売られてしまう直前の娘さんが暖炉に干していた靴下に偶然にも入りこんだようです。そのお金で娘さんは売られることが無くなってしまったようです。

クリスマスの日に靴下を枕元に干しておけばサンタさんがプレゼントを届けてくれるのは上記のような理由だそうです。

サンタさんは当時から子供や貧しい人達を守り共に生きていたことから「子供の守護の聖人」という代名詞だった、お人なんだそうです。

聖ニコラスさんが死去した12月6日を「聖ニコラス祭」と制定しオランダや諸国では子供にプレゼントをド届ける日と制定しました。

聖ニコラスは、オランダ語で「ジンタークラース」と呼ばれていたが徐々に呼び名が変化し「サンタクロース」と言われるようになりました。

日本でサンタクロースが流行したのはいつ?

日本で最初にサンタクロースが登場したのはアメリカよりずっと以前の1870年頃と言われています。アメリカより遥か先にサンタさんのモデルとなったようです。

その当時(1870年から)では有り得なかったのですが徐々に日本でもサンタクロースが認知され良い子であればプレゼントを届けてくれるという話が語り継がれ今日に繋がっているようです。

我が家でも子供2人の為にあの手この手でサンタさんにお願いしてるプレゼントをこっそり聞き出してクリスマスイブの日のはるか以前から購入し家庭内の子供達にバレない場所に隠していたのは懐かしい思い出です。

こうしてみると、クリスマスにサンタさんが子供にプレゼントを届けるのは宗教的な意味合いでは無かったと解かり妙に納得した事を思い出します。我が家の子供達も既に成人したので今となっては相当遠い記憶ではありますが。子供達がクリスマス当日の朝に枕元に置いたプレゼント気付き歓喜した事は良い思い出です。

さいごに

自分が子供の時分はサンタさん(親)からプレゼントを貰った事は有りませんでした。たぶんそこには「信教の自由」とやらの大義が有ったのだと思いたい。したがって子供の時分に良い思い出は何もないのが思い出です(爆)我が子にはそんな事は決してさせまいと人並に。時には人以上にプレゼントに投資した事も有ったとです。

今年もクリスマスシーズン徐々に迫ってきております。

貴方様家のサンタ様はどんな準備をされているのか?もうすぐプレゼントのリサーチから手立てし来る日に向けて準備に入る事と思います。

子供が小さい内だけの楽しみでもあり苦しみでもあるというのが本音だとは思いますが。ここは日本なのでなんでも取り入れるというか、ある意味横並びが好きな国なのでそれもしょうがない事だとは思います。クリスマス作戦頑張ってくださいませ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です