タイミングを間違えると浮きまくる!スーツを衣替えする最適な時期って?

新入社員の皆さんは、まだ社会人の第一歩として歩んだばかりで分からない事も多々あることと思います。
今回は、スーツを衣替えするタイミングについて分からない方向けに、どの時期が最適かを詳しくお伝えします。
新入社員の皆さん必読です!

一般的にも「最適!」と言われている衣替えのタイミング

▪春の衣替え時期
春の場合、衣替えする時期は3~5月頃が最適と言えます。
しかし春は気温の変化が激しいですよね?
雨が降れば、寒くて風邪を引きそうにもなります。
ですので、春用のスーツの衣替えは、5月のGWの前後が温度的にも暖かくなってきて最適だと言えます。

▪秋の衣替え時期
秋の場合、衣替えする時期は9‘~11月が最適と言われています。9~10月の場合は、まだ残暑があるため、雨が降ると蒸し暑くなります。10月中旬ごろだと、残暑もおさまり涼しくなるため衣替えに最適と言えます。
そして、12月には急激に寒くなりますので、コートの着用も忘れずにすると良いと思います。


スーツを衣替えする前に必須!な、お手入れ方法や保存方法

まず、クリーンング代をケチる事は止めましょう。会社員にとってスーツはとても大事なアイテムですよね。

いざという時にスーツを洋掛タンスから取り出した時に今まで見なかった沁みや汚れ模様がたまに見つかる事って有りますよね(泣)

そうです!そうなっては後の祭りになってしまうんですよね。ましてや高価なスーツならば大変残念な事にもなってしまう。もしかしたもうその沁みや汚れってクリーニングしても落とせないレベルになってしまっている可能性大なんです。後悔しない為にもココは必要な投資と思ってくださいね。

更にクリーニングに出して、そのまま着用していませんか?その前に一手間をかけるだけでスーツを長持ちさせることが可能です。

クリーニングに出したら、クリーニングからビニールを被せた状態で返却がされてきますよね?
その状態でそのまま仕舞わずに、ビニールを外してスーツを一日干し、その際に陰干しにしておきます。ビニールに入れたままですと、スーツの水分が抜けないのでカビや虫が発生し、虫食いの原因となることがあります。

それから、クローゼット収納保存カバーをして、隣同士少し間隔をあけて、「防虫剤」を一緒にいれます。収納保存用カバーは、100均でも売っていますので、参考にしてくださいね。

ま と め

いかがでしたでしょうか?今まで時期を見逃してスーツを着用していた方もいらっしゃったかもしれませんね。でも、今回この記事で紹介した時期を間違わなければ心配いりません。

衣替え期間の時期を、知って恥ずかしい思いをしないためにも、GW前後、また10月中旬頃の衣替えを頭に入れておきましょう!

それから、スーツを長持ちさせるための工夫についてもご紹介しましたね。たった3ステップの手間で、スーツをカビから虫食い、さらに長持ちまでさせてくれます。

参考にして、良い社会人生活を送りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です