熱中症の危険な症状とは?効果的な対処法はある?甘く見たら危険?!

熱中症って、夏の暑い日差しの中でスポーツをしたり農作業をしたりしていてなるものだと思っていませんか?
実は夏前でも、気温が25度を超えると熱中症になる可能性は十分にあるそうです。私たちが考えている熱中症対策や対処方法は本当に正しいのでしょうか?熱中症について一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

熱中症とは?


なんとなく体調が悪い気がするけど…これくらいなら大丈夫!と無理をして、結果救急車を呼ぶ事になってしまうなんていうことは、十分に起こり得ることです。

では、熱中症とはどのようなものなのでしょうか?

熱中症とは、気温が高い場所や湿気が多い場所に長時間いることで起こるとされています。汗を大量にかいているにも関わらず、十分な水分補給ができていなかったり、涼しい場所へと移動するなどの対処をしないと熱中症を発症しやすくなります。

【熱中症のサインとは】
・喉がひどく渇く・めまい・立ちくらみ・頭痛・吐き気・嘔吐・手足にけいれん・全身の倦怠感・まっすぐに歩けない・汗が大量にでる、または汗がでなくなる・意識障害

非常に怖い熱中症の危険性


夏がやってくると、あちこちで熱中症に対して気をつけましょうという注意喚起がされますよね。なぜそこまで熱中症は危険とされているのでしょうか?

【熱中症は最悪死に至る!?】
私たちの身体は暑さを感じると、体温調節機能が働くことで汗をかきます。これは体内の熱を外へと逃がすためです。しかし汗を大量にかいているのに十分な水分補給が行われないと、脱水症状を起こしてしまうのです。
脱水症状が悪化すると、けいれんや意識障害を起こしてしまうことがあります。更に重症になると、体温調節機能が正常に働かなくなり、汗が出なくなってしまいます。その結果、体内温度が異常に上昇し、細胞が変形・破壊し、多機能不全となり最悪死に至ることもあるのです。

【乳幼児や高齢者は熱中症に要注意!?】
ニュースでも高齢者や乳幼児の熱中症ケースが多く取り上げられていますよね。これは実際に熱中症の発症率が高いからです。高齢者や乳幼児は、汗腺が少なく汗が普通の人よりも出にくいのです。
それに加え、体温調節機能が低下していることから体温が上昇しやすい状態にあります。

高齢者の場合、体温調節機能が低下していることで、暑さや喉のかわきを感じにくいことから水分補給を怠ってしまったり、エアコンを使用せずに過ごしてしまいがちです。これにより、室内で熱中症になるケースが少なくありません。

乳幼児の場合、自分で暑さを訴えることが難しいですよね。特にお出かけの際に使用するベビーカーは、アスファルトに近いことから、太陽の照り返しにより60℃近くになることもあるそうです。

最近は、地面から高い位置に座る場所があるベビーカーが出ていますよね。それでも大人と比べて地面に近いベビーカーは注意が必要になります。

熱中症にはタイプがある!?


ひとえに熱中症といっても、実は種類があることを知っていますか?種類別に原因や症状などを少しご紹介します。

<<熱失神>>
症状…冷や汗・めまい・一過性の意識障害etc
原因…体内の熱を外へ逃がそうとすることで血管が広がり、それにより脳への血流が減ることで起こる
<<熱けいれん>>
症状…筋肉痛・足がつる・手足のけいれんetc
原因…汗をかいた際に、水分だけを摂り塩分補給をしなかった為に、血液中の塩分濃度が低下することで起こる
<<熱疲労>>
症状…吐き気・嘔吐・頭痛・全身の倦怠感etc 体温の上昇は40℃以下
原因…大量に汗をかいている状態で、十分な水分補給をしないことで起こる
<<熱射病>>
症状…40℃以上の体温の上昇・汗が出なくなる・意識障害・全身の臓器障害etc
原因…重度の熱中症(脱水症状の悪化・体温調節機能が働かなくなる)により起こる

以上の4タイプに分けることができるそうです。この中でも最後の熱射病は、最悪死に至ることもある危険な状態とされています。また、熱疲労は熱射病の一歩手前とされていますので、十分に注意が必要です。

なので熱失神・熱けいれんの症状の段階で対応しておくことが大切です。特に危険なのは熱疲労・熱射病の症状が出ているケースです。この場合は早急に救急車を呼ぶようにしましょう。

さ い ご に

屋外、炎天下の下で長時間いる場合や、蒸し暑い室内に長時間いる場合は、意識して水分補給するようにしたり、涼しい場所へ移動、エアコンをつけるなどして気をつけるようにしましょう。
自分の思いを伝えることが難しい乳幼児がいるママさんは、子どもの様子をこまめにチェックするようにしてあげてください。

熱中症は注意することで十分に防げる病気です。これから楽しい夏休みが待っていますので、熱中症に気をつけて楽しく過ごしたいですね。

N

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です