ピザハットの今後が心配な理由?!持ち帰りピザ半額は継続可?不可?

ピザハットがリアルな話題に上がっているのは我が家だけだろうか?!

ピザハットを傘下に持つ、日本KFC(ケンタッキー)が先日発表した、ピザハットを売却するニュースをご存じか?!このニュースがそれほど大々的に報じられるようなニュースではないのは当然であろうが実は我が家では!ちょっとした大ニュースなのだ!!

それは毎月実施されてる『ピザハット半額持ち帰りセール』という、お得なピザ激安お楽しみ日が今後無くなるかも??という不安が増幅したから(爆)

そんなこんなで今回は特別編として、ピザハットを陰日向になりながら事態推移を見守っていくことを記事に書き留めておきたいと感じたのです。

スポンサードリンク

ピザハットの超お得な限定ピザの半額持ち帰りがやはりアツい!!

ピザハットは全国に現在約370店舗ほどを展開してるようだ。我が家のすぐ近所にも「ピザハット苗穂本町店」が店を構えている。歩いていける距離にあるので超有り難いのだ。 さて我が家が割と頻繁に利用してるピザハットの激安メニューがこれだ!!

  ⇓⇓⇓

なんと限定種のピザを注文し店舗でテイクアウトするならば半額になる激安セール!! ピザの種類が8種類から選べる上に、MサイズでもLサイズでも半額なのだ(笑)

安いので財布をあまり気にせずに焼き立てピザを腹一杯にできる唯一の満腹ネタだけに炭水化物をものともしない満腹ファミリー向けのこの企画がやはり特別なのだ(笑) で、今回は!『もちポテ明太』Lサイズ通常3380円のところ⇒半額1690円で買ったのだ。

Lサイズといえば約4人分なので家族3人で食べるからピザLサイズ1枚でも十分に満腹⤴⤴⤴(*´з`)

今回半額ピザを食べておかないと何故だろうか?もしかしたら2度と半額セールをしないのかもという不安感が強かったので経営自体が代わる前に、”最後の晩餐”をしたようなものだ。

やはりピザハットの半額セールは安くて美味くて手軽に味わえてピザ充強し。

この限定メニューが今後無くならないかとても心配なのだ。 実は、ケンタッキー(KFC)がピザハット事業を売却する日時は2017年6月12日(火)と翌週の事なので売却前に食べておかないと後悔先に立たずになるかもしれないという焦りが生じた(爆)

先出の今回の新聞折り込みチラシ

  ⇩⇩⇩

ピザハットのこのピザ半額セールは通常では毎月の10日を挟む前後合わせ平日のみの3日間に渡って実施されるのが通例。10日というのは、ハットの「ト」の字を10日に見立てた語呂合わなので判り易い。

「ハットの日」はピザ半額日と決まっていたので我が家では毎月毎回ピザ半額を味わっていたので今後もしかしたら無くなる恐れもあると仮定すると実に悲しいのだ。

ケンタッキーのような大きな会社にとって、ピザハットのような一事業は戦略上の一コマにすぎないのだが消費者にとっては大事でもあるのだ。ここは声を大にして言いたい!!

今後もピザハットさんは『ハットの日』をず~~っと継続してくれる事を切に望む。

KFCがピザハットの売却を決めた理由

ピザハットの本家創業はアメリカです。日本のピザハットはKFC(ケンタッキー)が経営を行い直営及びFC展開し店舗を出店させる一方で、既存店のリニューアル等のテコ入れを図ってきたが近年は赤字続きだったという事実。更にアメリカ本家から更なる新規出店を加速させるよう要望が強かったのも要因?

現状の日本における外食&宅配フード事業というのは右肩下がり続きなのが現実。そこへ3重苦ともいえるFC契約料の大幅なアップも要求されていたようです。

KFCのメインとなるケンタッキー事業もここ数年はコンビニチキンやスーパー総菜部の格安チキンに攻め込まれており厳しい経営となっているのが事実のようだ。なので今後も厳しいであろうピザハット事業は丁度よく廻ってきた本家からの厳しい要求とKFCの事業見直しとがたまたまタイミングが重なったというのが本当の理由ではないのか? 2017年6月12日を以って米国の投資会社に売却されるピザハットは今後も厳しいであろうピザ宅配事業に於いてコスト削減と効率化を目指す経営に変わるだろう。そうなると尚更の事、半額持帰りピザというサービスは消え去るだろう。というのが私の考えです。

さ い ご に

宅配事業が軌道に乗っているという業種は今やネット通販事業者だけだろう。

昔から予想はされてきたのだがここまで進化するとは誰も思っていなかったというのが本当のとこだとは思います。

今は近所に頻繁にコンビニが乱立する世の中。最近のコンビニでは店内で調理しホカホカ弁当屋に負けないような強みを持つコンビニチェーンも増えてきた。昔から続いた出前スタイルのフードチェーンが流行らないのはすごくよく理解出来るがどうだろうか? 自分から出向く事が出来ない消費者も多いのだから、今後も宅配ピザも含めた宅配事業者には消費者にとって有益なサービスとして継続を念頭に置き更なるサービス展開をして頂きたいと切に願います。 で………。やはりピザが大好きな私から言わせて頂く! 『半額ピザ持帰り』このサービスは是非今後も続けてピザさいませ(笑)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です