六花亭札幌本店で限定スイーツのマルセイアイスサンドを食べる!

今回は六花亭札幌本店へ突撃!

限定メニューで有名なマルセイアイスサンドを再び味わいに行った。かれこれ1年半ぶりの訪問で日数が空き過ぎたのはちと残念。会社からわりと近い場所にあるのにこれは反省しないといけない私ですが(汗)

スポンサードリンク

マルセイアイスサンドを食べた「まいう~♪」


コイツが【マルセイアイスサンド】上記で1個で売られている。200円税込。
このマルセイアイスサンドだけは札幌本店と帯広本店の2店舗だけの限定メニューなのでこれは外せない。ってかこれ食べないと満足できないのだ。


1個を半分に割ってみた画像。中のレーズンとホワイトチョコアイスとの相性がめちゃいいので小ぶりな作りのせいもあって一口でポンっと口の中に放り込む感じで食べた。

こちらが常温で全店にて販売中のメガ人気のマルセイバターサンドなのだけど間違いなく似てるよね?!よくもまぁ努力されてこれのアイス版を開発したものと思うな。

間違いなくこのアイスサンドも全店で発売したらもっと売れるのにねぇ。まあ限定で食べれるというレアな感じがいいのだけども。

札幌本店限定スイーツ【サクサクパイ】も同時に♪



こちらは1個180円税込 サクサクパイの断面。バニラビーンズが効いてクリームめっさウマ~

相変わらず美味い。思い起こせば今から10年程前かな?さっぽろ雪まつりの時期にだけ限定で札幌三越店の催事場で限定販売していた時に噂のあのサクサクパイに出会ってからの思い出がある逸品。これは当時は帯広本店だけの限定品だったな。今では帯広本店、釧路鶴見橋店、札幌本店の3店舗に扱いを増やしたが今でも限定店でしか食べれないレアなスイーツである。

スポンサードリンク

今回はもう1点新発売の【クロワッサン小倉生】も頂いた♪



クロワッサン小倉生 1個250円税込

見苦しくないように付け加えておきますが、どれもそうですが口をつけてカットしたものではないです安心してください(ちゃんとフォークで切ってます)小倉あんとホイップクリームの相性は言わずもがなだね。

こちらが六花亭札幌本店の店内♪


店内喫茶コーナーが広い(でも週末は激混み)


喫茶コーナーの手前にあって例えば喫茶コーナーが満席でもこちらなら立食で素早く食べる事も可能なので時間がない時はここ利用しましょう。


こちらが1Fのショップ。六花亭の銘菓は全てここで買えるのだよ。


六花亭でも一部の限られた店舗でしか販売されていないケーキ類もおいしそう


こちらが裏側っぽいけど正面玄関?的な店構えになってる。

六花亭の店名の由来が気になって調べてみた♪

1977年に元々の店名暖簾分けされた『千秋庵』を返上して東大寺管長の清水公照が命名した、六花(りっか)という六角形の雪の結晶を意味するそうだ。しかし「りっか」では呼びづらいので「六花」(ろっか)にしたようだ。んで最後に「亭」を加えて立派な店名が誕生したようだ。

名前に歴史あり人にも歴史有りでこの六花亭さんも色々な事その頃までにあったのだと思われますわ。

六花亭公式HPはこちら⇒http://www.rokkatei.co.jp/

~こちらもお薦めです~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です