冷食チャーハンを実食比較!ニチレイ対セブンプレミアム決戦!

セブンプレミアムの人気チャーハンと、長い事その人気ランキングで常に一位を誇るニチレイ人気チャーハンを食べ比べてみた。

結果はどうでも(笑)お腹がキツ過ぎて少し後悔です。450g+300g=750gは食べ過ぎです。

は~⤵またまた体重計恐いかも(笑)

スポンサードリンク

本格炒め炒飯VSXO醤うま味極上炒飯の2品比較

さて、今回は人気の2種を自分なりに食べ味見し、勝手に評価してみる

■ニチレイ本格炒め炒飯

内容量:450g 名称:チャーハン 販売者:(株)ニチレイフーズ 市場実勢価格280円(税抜)
■XO醤のうま味極上炒飯

内容量:300g 名称:チャーハン 販売者:(株)ニチレイフーズ セブンイレブン価格300円(税込)

ニチレイ同門対決といってもコンセプトが違うから味は異なって当たり前ですが何せ人気の2品だから相当レベル高いモノと思うがどうか??

ニチレイ「本格炒め炒飯」は18年連続NO.1の称号付き
セブン「XO醤のうま味極上炒飯」はコンビニ炒飯で不動の人気

実食してみる!(相当のボリューム感)


本格炒め炒飯レンジイン2分経過時

XO醤うま味炒飯レンジイン2分経過時


本格炒め炒飯加熱終了時

XO醤うま味炒飯加熱終了時

どっちが美味そうかな???

たぶん、見た目では左の”XO醤うま味炒飯かも?!具材多いからかゴージャスに見える


本格炒め炒飯ズームイン!

XO醤油うま味炒飯ズームイン!


本格炒め炒飯の具材コチラ

XO醤うま味炒飯の具材コチラ

どちらも五目炒飯ではないので具材はシンプルだ(これで差が出るか?)



ゴロゴロ焼豚っていう位だから大きなチャーシュー。対してXO醤うま味炒飯は小ぶりなチャーシューだよね。見た目は米に対しての具材密度が濃いXO醤油うま味かな(笑)

さて、ライスの量ハンパなく多いけども食べてみたよ
    ⇓⇓⇓

本格炒め炒飯は普通にラーメン店でオーダーしたら出てきそうなナイスな、『これぞチャーハン!』

対してXO醤うま味炒飯は味に一工夫?二工夫?なんだか謎のエキステイスト感が凄い

温かいと2者共に美味しいのだがご飯が冷えてきた時になんだろう??XO醤うま味炒飯は少し喉鼻に残るエキス感が気になる いわゆる海鮮濃い系のあまり慣れない味っていうか?

ニチレイ本格炒め炒飯の味付けは香味野菜系(植物油脂,ラード,にんにく,生姜,ねぎ,醤油他)

対するXO醤うま味炒飯の味付けはまさに濃厚中華系(植物油脂,ラード,ねぎ,醤油,XO醤,オイスターソース,老酒,帆立貝エキス他)

XO醤とは:干し貝柱,干しエビ等主体の中華調味料
オイスターソースとは:塩漬の牡蠣の発酵エキス中華調味料

どうりでこの差なんだな。

いずれも美味しいのだがやはり食べ慣れている「ニチレイ本格炒め炒飯」に食指が伸びるというのが本音だと実感した。

中華風の濃厚味付けを望むならば【XO醤うま味極上炒飯】を推す。

ラーメン店の味付けを望むならば【ニチレイ本格炒め炒飯】を推す。

どちらも美味しいことに変わりはないが私は”ニチレイ本格炒め炒飯”に一票を投じようと思うのでした。

~こちらもお薦めです~

さ い ご に

コンビニもスーパーも今や冷食ブームを反映してか、めちゃめちゃ大きな冷凍蔵ショーケースを用意してますね。チャーハン始め冷食の充実ぶりは凄いと思いませんか?

私はスーパーコンビニに行くと必ずというほど新発売&見慣れぬ冷食は,ほぼほぼチェックしてますよ。

食べ盛り&食いしん坊なオジさんなのですが冷食含めフード系の充実ぶりには嬉しい限りであります。

さぁ!貴方も冷食楽しんでくださいね(笑)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です